スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超草食世代的活劇モテキ

先月、超久しぶりにワカメちゃんからメールが来た。
ワカメちゃんというのは私のサブカルの師匠ともいうべき人で、年は私の友人の中で最も若くて、坊主の年齢の方がよっぽど近い。

だが、このところとんとメールのやり取りもなく、ツイッターのアカウントも外したらしく近況が全く分からなくなっていた。
でも、親子ほど年齢が離れているということは、先方はセイシュン真っ盛りのいわゆるリアル充実というやつであろう、便りの無いのは良い便り……と内心で寂しいものの、まあ、それでよしとしていた。
そしたら、9月下旬に映画モテキはもう観たかを問うメールが来たというわけなのだ。

うれしかったねぇ。
映画に関しては私は友達やダンナを誘うばかりだったし、モテキは絶対スクリーンで見ると決めていた映画だったから、タイミング的にも絶妙のお誘いに「さすがサブカル師匠!」とセンスで自分の額をペチッとやりたいぐらいだった。

で、観てまいりました、話題のモテキ。
オープニング5分ノーカット公開などという告知特番をみたこともあり、最初は冷ややかであった。
女優4人衆は豪華だけれど、女神輿の場面での体の動かし方はちょっとイマイチやねぇ……などと腕を組みながら観ていた。
封切りから3週目に入った平日であるがなかなかの入りで、観客のほとんどが若者ばかり。
私のような更年期障害だぁ、ドライアイだぁ、下肢静脈瘤だぁと熟女病花盛りのオバハンは他に見当たらない。

しかし、ばんばん出てくるエロいキスシーンを照れもせずに目をカッと見開いて凝視できるのもオバハンならではの面の皮の厚さゆえ。
麻生久美子演じるルミコが自分から離れていく男の心を少しでも取り戻したくてすがっていくのだが、これが恋愛におけるブザマ中のブザマ、醜態の極みのようにも見える。
しかし、片思いや失恋の経験を持つ者には笑えないなかなかの名シーン。
そしてオバハンは、こういう経験って若いうちに(というか未婚の内に)しといた方が女っぷりが上がるよ、きっと……と思う。
それに対して長澤まさみのミユキは、女の敵かというぐらい思わせぶりで軽はずみに見えるのだが、「実際こういう女もいるね、ウンウン」とオバハンは頷くのであった。

それにしてもこのモテキ、キスシーンがエロいとか、男性の自慰玩具や乱暴な性的用語が飛び交っていても、結局は良くも悪くも超健全な青春映画であった。
30過ぎて定職についていない不安感も主人公の人格ベースの自己否定自己嫌悪になっていた原作を離れたことで、草食世代のサブカル頭でっかち的な雰囲気ばかりが前面に出がちにはなっている。
夏にWOWOWでちらっと見た悪人の肌の露出の多いラブシーンにあったような気が重くなるような深刻な気配は全くない。

常々感じてたけど、今の人ってホントに淡白、全くドロドロしてないんだな。

映画の後は本厚木、酔笑苑にて七輪を前に飲んで焼いて返して食って、「どうなのワカメちゃん、キンキョーは。」みたいなことをさんざんしゃべり、次にカラオケ2時間で解散といういつものコースであった。
ワカメちゃんはルックスはバッチリなのだが、少々オクテであり、あまりにも自分の趣味世界が充実し過ぎて一人でいるのが楽しすぎるせいか、なかなか特定の彼氏はできないとのこと。
オバハン友達に気を使ってくれているのかもしれないが、こうして時たま遊んでくれるとこのように楽しく充実の一日になるのである。
ありがとね、ワカメちゃん。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

もうひとつの高校デビュー

昨日、坊主が名作ホスピタル見たさにチャンネルを合わせたEテレで久しぶりに障がい児者ご本人が主役の「きらっといきる」を見た。
前日・前々日の「きょうだい」がテーマの「ハートをつなごう」のシリアスな雰囲気から一転した内容、今回のきらっといかるは「バリバラ」であった。
バリバラすなわちバリアフリーバラエティーは放送作家の鈴木おさむが一枚噛んだ企画であるが、昨日はバリバラ中のバリバラ「脳ブラの旅」であった。
脳ブラとは「脳性まひブラザーズ」というお笑いコンビで、ふたりはその名の示す通り脳性まひという障がいを抱えている。
その二人が「千人笑わせる」を目標に旅をしながらあちこちで自作のネタを披露するというものだ。
しかし、誰もが笑うわけではない。
ネタは素人の手作りならではのユルいもので、爆笑を生むタイプのものではない。
……というのは相当優しい婉曲的な言い方であって、要はネタだけの力では笑えない。
いわゆる努力賞・がんばったで賞的な笑いであるが、笑いたいのだけど周りの反応も見ながらおずおずと……という人もいる。
そして「何を言っているのかよく聞き取れないから笑えない。」と笑顔というより苦笑をうかべる人もいる。

率直に言うと「脳ブラの面白さは、一生懸命難儀しながら、顔をしかめ、身をのたうつような動きで、腕をねじ曲げて熱演しているのだが、そのとがった口が何を言っているのがイマイチよく聞き取れない」というところだ。
それについては、笑う方も勇気がいるのである。
はたして「ネタの出来の良さに笑っているのか」と尋ねられたら困るだろう。
「迂闊に笑うとネタを笑うというよりも脳ブラの存在を笑っていることになりはしないか、そう思われはしないか。私はそんな不謹慎なことは断じてできない。でもこの人たちは頑張っている。」
困ったような顔をして微笑を浮かべて優しい顔で拍手している人たちは観客はそんなことを考えているのではなかろうか。
でも、なかには屈託なく笑う人もいる。
お笑い感度の低そうな老齢者や子供だ。
彼らは自分の笑いの成分を分析することなく思わず笑って、笑った証のシールを貼って「ありがとう」と絞り出した声で礼を言われて帰る。
それでいいのではないか。

不謹慎のそしりを恐れずに言うと、私は脳ブラは何のためらいもなく笑い飛ばしていいと思う。
その場では当の脳ブラは笑わせようとしているのだから。

公共の場で弱者として困難な思いをしていたり、一生懸命に自立の努力にあえいでいる状態を見て笑うのはもちろんいけない。
それはダメ。

でも、「お笑いが好きだから自分たちもお笑いをやってお客を笑わそう」という気持ち、笑わすことにどん欲な精神に対しては、むしろいっぱしの芸人さんと同じように接しなければ失礼ではないか。

ネタは詰まらなくてもキャラクターが面白くて笑いをとる芸人は何も脳ブラだけではない。
お笑い芸人としてネタをしている時の脳ブラの脳性まひ症状はお笑いの武器だ。
たむけんのフンドシと獅子頭や、太った女芸人の段になった腹や、ハリセンボンはるかの黒ずんだ前歯や、海原はるかの風になびくはげ隠しの前髪と同じだ。

自閉っ子の親はときどき、我が子についても同じことを思う。
自閉っ子自身なりにふざけて笑いをとっていることもあるし、自閉っ子の動きやこだわりで思わずこちらが笑ってしまうということが多々ある。
皆さん、おかしなことをしていたら遠慮なく笑ってもいいんですよ。
でも、困っているようだったら、どうぞ助けてください。
もしよろしかったら、話し相手になってみてください。

どんどん社会の中に出てお笑いという自分たちの夢をかなえている脳ブラの二人はなかなか頼もしい。
縁の下の力持ちである沢山の支援者いてこそであろうが、私の立場で見るものに希望をあたえてくれた。ありがとう。

ところで、先日近所に住むセンパイ系の男の子が神奈川県立の養護学校の中等部を卒業した後、横浜にある私立の小中高一貫の知的障害児の支援校に入学したという話を聞いた。
障がい児者のくくりに身を置いて、こんな風に学校を選ぶ自由や権利を行使するなんて、なかなか素敵だと評価したいところだが、彼は就学猶予で1年遅く小学校に入ったという過去を持つ(たぶんそれは親の意志だと思う)。
今回の進学も親の思惑によるものであるなら話は違ってくるかもしれない。
地域で障害児が育って大人になることの意味について、私とは全く違う考えを持っていると言わざるを得ない。

うちの坊主も中3の後半に突入し、支援校高等部の志願相談の資料を記入したり面談に行く日程が決まったりと忙しくなってきた。
とはいえ、それらは全て支援級の担任の先生の指示のままに動けばいいのであって、我が家の坊主は第一志望が確固たるものになっているので、親の私は何にも考える必要はないのだ。

それにしても市の教育委員会の特別支援教育担当の先生に聞いた話だが、担任からも本人や親からも教育委員会には一切何の相談もなしに普通級から支援校本校高等部や分教室に進学を決める子が年に2,3人いるらしい。
市教委の特別支援級担当の先生の頭の中には、海老名市立小中特別支援級在籍者の名前のみならずその子にまつわる情報は全て入っているらしい。
しかし、入試・入学の蓋を開けたところで受け皿の支援校高等部から「お宅の市から、これこれの人がきてます」と言われて、その中の全く聞き覚えのない名前にたまげて調べた結果、普通級に在籍していた隠れグレー児だったということが判明する。
本人にしてみれば、手帳もなく何の支援もなくやってきたがもはや勉強についていけず辛抱たまらん状態になったということだろうか。

ある意味これも高校デビューと言えるのだろうか。
今まで手帳も申請していなかった人が、支援校に来ることそのものに関しては何のコメントもないが、それによって手帳を何度も更新している我が坊主のような生え抜きの支援いっぱい欲しがり君にしわ寄せが来ないことを祈るばかりである。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

にほんブログ村






半端な話

まずは残念なこと。
テレビ東京の月曜10時のドラマはなくなるんですと。
「鈴木先生」の視聴率がハンパなく低かったらしいが、同時にドラマとしてなんかデッカイ賞も取ったらしい。
がっかりだよ。
金曜深夜(土曜未明)のドラマは無くならないよねぇ。
モテキは映画化もされたし、マジすかは続編のマジすか2も制作された。
ヨシヒコも良かったよぉ。
せめて、あの枠は維持しておくれ。
キャストの力だけで視聴率を稼ぐようなドラマだらけの民放の中でテレ東のドラマって光ってたのにな。
まぁ、ISの最終回は今一つ納得がいかないが。


さて、今見たテレビでバナナマンの日村の歯がきれいに治されている。
でも、やけに黄色く見える……そこがいいよね。
皮をむいたときに現れるトウモロコシ粒の整然とした様を彷彿とさせる。
最近テレビに出る人は蛍光灯みたいなホワイトニングされた安い麻雀牌みたいな歯で気持ち悪いと思ってたんだ。
完璧な歯並びを持ってしても、日村の武器としての不細工ぶりはちゃんと健在で安心。


坊主の内腿のオデキが出来始めの頃、皮膚科で出た塗り薬が自分ではどの程度の量をどこに塗るのかわからないので塗ってくれと言う。
中3男子に母親がそういうことを懇切丁寧にやるのもどうかと思い、適量をオデキの先端においてやって「自分でのばして」と言った。
坊主はあぐらを崩して、ドヤ顔で私を見るばかり。
「何やってんの!? のばして!」
相変わらず、殿様のような顔であごを上に向けている。
はぁ? 無視ですか、母親に。
思わず憤然として「自分でひろげて!!」と語気荒く言い放った。
すると坊主は今度は眼をぎらぎらとさせた抗議の表情でまたも私をにらむのである。
そして、ぐいぐいと私の膝を押してくる。
「ん?」と思って坊主をしげしげと見ると、いつの間にやらテディベアのような格好で全身に力を入れている。
手足の指先まで真っ直ぐにして力を入れてテディベアというより、座ったキューピー人形のようだ。
つまり、最初から坊主は坊主なりに私の指令に従順に従い、自力で脚を伸ばしたり大きく開いたりしていたのである。
異国人ですか? 全く。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村



theme : 雑記
genre : 日記

「探偵はBARにいる」にかぶれている

さて、だらだらと前口上を述べてきたが、私が先週2度観た映画とは、もはや意外でも何でもなく誰でも想像がつくと思う。
それは「探偵はBARにいる」である。

バラエティ番組での例によっての過剰な告知では何とも思わなかったが、「神様のカルテ」を観た時の予告がなかなか良くてそわそわした。
「『相棒』のスタッフが!」とか「もう続編の制作が決定!」とか聞くたびに、いてもたってもいられなくなった。
そして、いろんなブログでほめられている。

やっぱ見るっきゃないな。
結果、キャスト・ストーリー・アクション・映像・音楽どれも面白かった。

1度目はパンフが売り切れていたので、原作とシリーズ第1作の文庫本を買って帰った。
老眼の身には久しぶりの文庫本は字が細かくてまだ全然読み終わらない。
ダンナと行った2度目に念願のパンフをゲット。
こちらはあっという間に熟読し終わった。

探偵の大泉洋はたしかに今までのキャラクターを打ち破っての文句ない好演だった。
「英国紳士としてはね」が口癖のレイトン教授とは正反対の男臭いキャラクターだ。
顔の傷もなかなかサマになっている。
そして相棒兼運転手の高田も相当良かった。
どーもくんファミリーのうさじいみたいな眼鏡の飄々としたたたずまいで気合いの全く感じない口調、着ている物も愛車同様いかにもさえない。
しかし空手の師範で取っ組み合いとなると滅法強い。
そんなキャラを、澄まし過ぎた結果独特の境地に至っていた松田龍平に演らせるとは絶妙のキャスティングだなあ。
西田敏行は言わずもがなの存在感。

どさくさまぎれに即天道場から脱出して探偵たちについてきた鼻血の若者は、NHK「天使のわけまえ」でヒロインの結婚相手の生意気な連れ子を演じた野村周平だったね。

波岡一喜や本宮泰風は相変わらずの役回りで期待を裏切らない。

写真だけの吉高由里子。
電話のコンドウキョウコの声の、一回ぐらいは彼女だったのではないかと思うところがあったな。

有薗芳記がこれまたうまい具合に配役されていた。
向こうはもう覚えていないだろうが、彼は学生時代の知り合いで、160センチ未満の短躯ながら抜群の身体能力を持ち主だ。
舞台で活躍していた頃はそれを遺憾なく発揮していたが、テレビドラマにちょいちょい出るようになってからは、赤塚マンガ的なそのルックスばかりを活かすような役が多かった。
今回は家族に手をあげる男の設定で、猫のようにすばしっこく妻に殴りかかろうとしたりする部分や、ビルの屋上で探偵に責められてる場面は有薗の抜きん出た身体能力が生かされてたと思う。
赤塚マンガ的な顔は演じる田口幸平の最後の出番で生きていたねぇ。
阿知波悟美がDV受けてる奥さんというのもなかなか絶妙だった。

相棒ではアンチ特命係の刑事部長を演じる片桐竜次が出てきたのはファンサービスか。

ともあれ、私は「探偵はBARにいる」を2度観てちゃんと200%楽しんだのである。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村


theme : 雑記
genre : 日記

惚れたら2度観ろ

先週もまた映画を観てきた。
それもまた、同じのを2回。
まずは一人で。
先週のただ一日(というか半日)、坊主が体育祭の片付けのために登校した20日(先述の台風到来の前日)に意を決して行ってきた。
いちばん大きいスクリーンだが午前9時半からの第1回上映はガラ好き。
そして映画はとても面白かった。

「絶対ダンナも面白いと思うはず。」と思って、誘うと「観る。」という。
台風一過の秋分の日、ダンナは珍しく休みが取れたので、二人で坊主を朝9時に消防クラブに送った帰りに同じシネコンに向かった。
夫婦50とかいう割引利用に加えインターネット予約でさらに100円ずつ安くなったから、普通の一人分の料金で二人分のチケットが買えた。
新しい映画が封切られたので、今回は小さめのスクリーンだ。
でも、やっぱり面白かった。
一人で見た時には売り切れで変えなかったパンフレットも買って、大急ぎで消防訓練を12時に終える坊主を迎えに行った。

昨年まで一人で映画を見ることなんてほとんどなかった私であるが、イッチョマエに気に入ると何度でも観たいという性分らしい。
前々週にも「海洋天堂」を2度見てのめり込み、パンフをじっくり読んだり、パソコンで動画や感想ブログをググったりと、寝ても覚めても「海洋天堂」一色だった私である。
「海洋天堂」が尾を引きすぎて、同じ週に友人たちと観た「神様のカルテ」については淡々とした感想しか持てず、ややもすると観たことすら忘れそうなぐらいであった。

マズイ、そんなことでは。
どうマズイかというと、待望のモテキが封切されても観に行く気になれない。
モテキはからっと明るい屈託ない気分で見に行きたいではないか。
「海洋天堂」でびっしょりウエットになった私の心をギュッと絞ってくれるものは何かないかなと、思っていたところだった。

「ナイスチョイス!」と親指を立てて自分をほめたい。
ダンナを連れ出してまたも2度観に至ったその映画とは……つづく。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村



theme : 雑記
genre : 日記

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ももすももあんず

Author:ももすももあんず
植物がぐいぐい伸びる予感にあふれた梅雨の日の明け方生まれ。
血液型は、いつも分が悪いけちょんけちょんのB型。
蛙、田螺、青大将に馴染みつつ川崎北部で育ち、結婚して今は、ダンナと自閉症の坊主とこの海老名の街に暮らしています。

最近の記事
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
37806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
3509位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。